商談会の流れ

商談会の流れ

1.出展企業および、発注案件を確認

2.アプローチ希望企業を決める

3.来場申込をする
   ※1 来場お申し込み画面のアプローチシートから申込みをする。

4.商談会当日(来場)
   ※2 アプローチ希望企業に先着順で商談いただくことになります。会場へはお早めにお越しください。

5.後日個別相談
   ※3 直接面談・電話・資料送付・Eメールなどで個別に商談ください。

事前セミナーについて

大手・中堅メーカーとの取引を希望される方々を対象に事前セミナーを開催します。是非ともご参加を!
プログラム スベらない商談力 コミュニケーションスキルを習得しよう
日時 平成29年5月17日(水) 14:00〜16:00
会場 堺商工会議所 2階 大会議室
定員 30名
プログラム 2,160円(当所会員) / 3,240円(一般)
※テキストとして「スベらない商談力(かんき出版)」を進呈。

≪講師≫小森コンサルティングオフィス 代表 小森 康充 氏
≪内容≫

■購買の大原則とは?
■顧客と信頼関係を構築する3つのスキルとは?
■顧客の心の窓を開く6つの話法 他

PAGE TOP

商談会成功の秘訣(過去の参加者の声より)

事前に出展企業の発注案件を十分に調べた。

技術者と営業(決定権を持つ)の2名で商談した。

商談会終了後にも、連絡を取るなどのアプローチを行った。

ものづくり相談コーナー

ものづくり相談コーナー
当日は、各施設・機関の技術連携スタッフや職員がブースに常駐し、業務内容や取り組み事例等もご紹介しますので、是非、ご活用ください。
多様化するものづくり中小企業の研究開発を支援するために、工学研究科教員が中心とした高度専門的組織として、ものづくりイノベーション研究所を設立。ものづくりに必要な世界最先端基盤技術の研究に基づき、技術のみならず人材育成まで含めた総合的、かつ効率的な支援を行っています。
技術相談、依頼試験、機器開放、企業との共同研究などを通じて、中小企業が抱える様々な技術的課題の解決に取り組んでいます。ニーズに柔軟に対応するため、オーダーメイドの支援業務や簡素な手続きでスピーディーに行う簡易受託研究制度など、多様なサービスで技術支援の幅を広げています。
小ロットや試作品製作、難加工の依頼先探しなど、金融機関と大阪府ものづくりB2Bネットワークが連携して 全国のものづくり企業を探索ご紹介します。
またMOBIOでは、常設展示場のPRや知的財産をはじめ、ものづくりに関する様々なご相談を承っています。

PAGE TOP

当日持参したほうがいいもの

  • 名刺:50枚程度(商談希望企業の数による) 
  • 自社の会社案内(企業概要、取引実績などが記載されたもの) 
  • 工場、設備概要(設備内容、規模、写真など)
  • 加工部品概要(写真、サンプルなど)


<ご注意>本商談会に関しましては、以下の内容に同意の上、ご利用いただくものとさせていただきます。
@商談内容については、主催者側は一切関知いたしません。当事者の責任において、本商談会をご利用いただくものとします。
A会場内で係員の指示、及び注意事項に従わない場合や迷惑行為が認められた場合、ただちに退場していただきます。
B出展企業や出展品目に関するお問い合わせやその他の情報については、事前に開示されているもの以外にはお答えできません。ホームページ、パンフレットをご参照ください。また、個別の出展企業への問い合わせにもお答えできません。
C開催期間中、出展企業によってはブースでの商談内容を発注希望品目に限らせていただく場合がございますので、それ以外の無理な売り込みはご遠慮いただく場合がございます。
D出展企業の都合により、急遽出展を辞退されたり発注品目を変更されることがございますので、ご了承ください。最新の情報は当サイトをご参照ください。
PAGE TOP