堺商工会議所 The Sakai Chamber of Commerce and Industry

堺商工会議所

会議所の概要

会頭ご挨拶

令和三年 年頭所感

令和三年の新春を迎え、心よりお慶び申し上げます。

さて、昨年は、世界中を震撼させた『新型コロナウイルス感染症』の猛威の終息が見通せず、不安なままの一年となりました。我が国経済においても、様々な支援策が講じられたものの、度重なる感染拡大による自粛要請や飲食店の時短営業要請などにより、大きな打撃を受けました。

こうした中、当所では、いち早く情報収集を行い、地域商工業者に対し速やかに支援策の情報提供を行うとともに、緊急相談窓口の設置など相談体制の強化を図り、積極的な支援に努めてまいりました。加えて、クラウドファンディングによる地域飲食店応援プロジェクト「みらい飯」や、ネット通販を活用した販路開拓支援、インターネットで堺の逸品を紹介する「堺のええもん・ええ店ガイド」など、ポストコロナを見据えた新たな事業を積極的に展開したところであります。

新年は、コロナ禍の長期化が懸念される中、地域産業においても大変厳しい幕開けとなりましたが、今期の基本方針である『新たな時代に対応できる商工会議所』を実現するためにも、このような時こそ、商工会議所の存在価値が問われていることを肝に銘じて、役員・議員をはじめ、商工会議所が一丸となって地域経済の回復に全力を尽くしてまいります。

まず、「中小企業支援」については、伴走型支援を強化し、コロナ禍による倒産・廃業を防止するとともに、アフターコロナを見据え、環境変化への柔軟な対応を行ってまいります。特に、本格的なデジタル社会の到来にあたって、中小企業のIT導入は、いまだ発火点にも達していないとも言える現状であり、生産性向上のためのデジタル技術の実装化支援を積極的に行います。また、人口減少や高齢化などの社会構造の変化を背景とした人手不足・事業承継問題も喫緊の課題であり、効果的な人材マッチングや女性活躍支援など人材確保・育成支援、価値ある事業と技術を次世代へスムーズに繋ぐための事業承継支援に注力する所存でございます。

次に、「地域活性化」については、世界文化遺産「百舌鳥・古市古墳群」を核に、長い歴史と伝統に培われてきた堺の産業について、そのストーリー性を活かし、デジタル技術を駆使した魅力発信やオープンファクトリーの取組みを推進するなど、堺の産業や歴史・文化の魅力をあらゆる機会を通じてPRしてまいります。また、観光振興は、地方創生の切り札でもあります。近隣商工会議所などとの連携による広域観光の取組みを一層強化するとともに、行政との緊密な連携のもと、観光まちづくりに取組み、地域経済の活性化を図ってまいります。

地域総合経済団体である商工会議所といたしましては、会員拡大による組織力強化に努め、全国五百十五の商工会議所のネットワークを十二分に活用し、行政・関連団体との連携のもと、地域経済の更なる発展にまい進してまいりますので、ご支援、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

結びに、令和三年が皆様方にとりまして、実り多い年となりますことをご祈念申し上げ、年頭のご挨拶とさせていただきます。

令和三年一月吉日
堺商工会議所
会頭 葛󠄀村和正

所信表明

11月1日開催の第2回臨時議員総会におきまして、大変光栄にも、皆様のご信任をいただき、引き続き、会頭を務めさせていただくこととなり、改めてその重責に身の引き締まる思いでございます。地域産業の更なる飛躍に向け、覚悟新たに職責を果たしていく所存でございます。
さて、我が国の景気は、政府の経済財政政策等により、総じて見れば、雇用・所得環境の改善が続く中で、緩やかに回復しているものの、業種・規模によるばらつきや、地域間格差は拡大傾向にあります。一方、世界に目を向けますと、米中間の通商問題を巡る緊張の増大、イギリスのEU離脱問題、中東情勢の緊迫等、先行きに対する上透明感が増しております。

このような中、当所では、堺市経済の更なる発展のため、地域の経済状況や中小企業の経営環境の変化を的確に捉えるとともに、本市の歴史と伝統に裏打ちされた進取の気風を持ち、企業の競争力強化に向けた支援事業を積極的且つ継続的に展開し、成長の後押しを強力に推し進めていきます。また、AIやロボット技術等を軸とする第4次産業革命の到来や、地方創生の実現等に向け、地域総合経済団体である当所に対して求められる役割や環境も変化していることから、『新たな時代に対応できる商工会議所』を基本方針に掲げ、以下を重点項目として、その具現化を目指していく所存でございます。

まずは、『都市魅力の発信』であります。
本年7月、『百舌鳥・古市古墳群』が大阪府で初めて世界遺産に登録され、来堺頻度が高まる等、堺は活気溢れる都市として、国内外から脚光を浴びております。当所といたしましては、これを絶好の機会と捉え、インバウンド需要を取り込むことはもとより、メイドインさかいフェア、堺ブランド『堺技衆』認証事業、国際交流事業等を通じて、全国屈指の産業都市としての様々な魅力を多方面に発信するとともに、引き続き、堺市とも連携を図りながら、都市・地域間競争を勝ち抜いていけるよう企業誘致にも注力し、都市ブランドの向上を図ります。 また、中心市街地等の都市の賑わい向上を図る『地域小売商業及びサービス・観光関連産業の振興』につきましても、一層注力していきます。

次に、『経営力強化に向けた支援』であります。
人口減少、経営者の高齢化等、経済社会の構造変化の進展により、厳しい経営環境を強いられている地域中小企業のポテンシャルを最大限に引き出すことが欠かせないと考えております。そこで、当所では、商工会議所の最も重要な活動の1つである経営支援機能を強化するとともに、国に認定されました『経営発達支援計画』に基づき、生産性向上や高付加価値化、新事業分野の開拓等の企業の経営戦略に踏み込んだ個別支援等を積極的に展開し、地域内で存在感を放つ企業群の育成に取り組んでいきたいと考えております。

さらに、『市場拡大のための連携促進』であります。
国内市場の縮小が懸念されている中、地域の経済や雇用を支える中小企業の活性化を図るため、これまでのネットワークやノウハウを活かしながら、広域的な連携プラットフォームとなることで、海外展開等の新たな需要獲得機会の創出に向けた支援策を検討・実施していきます。また、商工会議所の強みであるネットワークを活かし、技術・サービスの開発や新産業の創出、育成を推進し、企業・団体、地域間の連携による相乗効果の最大化にも努めていきます。

最後に、『組織力の強化』であります。
地域経済の発展には、地域総合経済団体である当所が、発信力、行動力を一段と高めリーダーシップを発揮することが肝要であり、そのためには更なる組織力の強化が欠かせません。
そこで、当所では、部会・委員会活動や事業者ニーズを汲み取った会員サービス事業等の充実化を図り、その活動内容を可視化し、当所の認知度及び存在価値をより一層高めることで、会員増強を目指していきます。
以上、会頭の就任に当たり、所信の一端を述べさせていただきましたが、このほか、商工会議所の基本的使命である『政策提言及び要望活動』をはじめ、地域の連携・協働の中核として社会的責任にも積極的に果たしていきます。皆様方の信任にお応えすべく粉骨砕身の覚悟で挑戦して参る覚悟でございますので、これまでにも増して格別のご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

令和元年十一月吉日
堺商工会議所
会頭 葛󠄀村和正

役員・議員一覧

(2021.4.19現在)

会頭

副会頭

専務理事

監事

  • 三好 治雄

    ㈱大成エンタープライズ代表取締役

  • 和田 喜三郎

    ㈱近正取締役会長

  • 日野 一基

    日野建設工業㈱代表取締役会長

常議員

議員

常務理事

予算・決算報告

事業計画・収支予算(令和3年度)

令和3年度事業計画並びに収支予算策定にあたり、正副部会長・正副委員長会議での意見をもとに、第4回総務・財政委員会で原案をとりまとめ、3月常議員会での協議を経て、3月24日開催の第2回通常議員総会で決議されました。

令和3年度 事業計画

昨今の我が国経済は、「新型コロナウイルス感染症」の世界的な拡大により、自粛要請や飲食店の時短営業要請等、各種活動の制約を受け、極めて厳しい状況となっております。
そのような中、当所では、地域企業の事業継続のため、地域総合経済団体として、国等の施策情報の提供、相談体制の強化及び販路開拓等の事業展開を図ってまいりました。
しかしながら、依然として、地域企業は厳しい状況にあるとともに、「事業承継」、「人材確保・育成」等の構造的課題への対応はもとより、ポストコロナにおいて、生産性向上に向けた取組みの加速化が一層求められております。
地域経済の回復、発展に向けては、新製品・サービスの開発、業態転換、ECやデジタルの活用等に挑戦する経営者を強力に後押し、環境変化に対して柔軟かつ迅速に対応できる中小企業の強みを引き出していく必要がございます。
さらに、「百舌鳥・古市古墳群」等の豊富な歴史文化資源並びに地域企業及びその技術・商品の魅力発信によるまちの賑わいの維持・向上を図り、地域経済の活性化を推進することが極めて重要であります。
そこで、令和3年度は、「提言・要望活動の実施」、「経済回復と新たな時代に対応した事業者支援」、「魅力あるまちづくり」及び「組織力の強化」を大きな柱に据え、行政、関係各団体と連携を図りながら、以下の事業を推進いたします。

I 提言・要望活動の実施

厳しい状況下にある地域経済の復活・発展のため、各種調査データ及び部会・委員会活動等を通じ、地元産業界の生の声を意見集約し、国・府・市をはじめとする関係機関に対して具体的な提言・要望を行うとともに、その実現度向上に向け、働きかけを一層強化していく。

II 経営力強化に向けた支援

経営指導員等による伴走型支援を通じて、コロナ禍における倒産・廃業の防止を図る。また、事業承継、人材確保等の構造的な経営課題やBCPの策定等への支援に取組む。さらに、専門家派遣やマッチング機会の創出等を通じ、デジタル技術の実装化や新事業展開の推進を図る。

    1. 事業継続力の強化
      • 小規模事業者等の経営安定に向けた伴走型支援【重点】
      • 事業継続計画(BCP)策定支援【重点】
    2. 経営力の向上
      • 事業承継・経営資源集約・事業再生等支援【重点】
      • 多様な人材確保・育成支援【重点】
      • 商談会やインターネット通販等による販路拡大支援
      • 起業意識の醸成と創業・第2創業支援
      • SDGsの推進
      • 健康経営の促進
    3. デジタル化(新しい生活様式)への対応支援
      • ITの導入・活用による生産性向上支援【重点】
      • DX推進による競争力強化支援【重点】

III 魅力あるまちづくり

行政や関係団体と連携して、世界文化遺産「百舌鳥・古市古墳群」等の観光資源にとどまらず、地域の企業・製品等、幅広く堺の魅力を発信する等、地域の競争力強化を図り、まち・ひと・しごとの賑わいを創出することで、地方創生に資する。

  1. 地域振興
    • 歴史・伝統文化等に培われた堺産業の魅力発信【新規】
    • 港・水辺等、歴史的なまちなみのにぎわい創出【新規】
    • 世界文化遺産等、地域資源を核とした広域連携による地域活性化
  2. 市内の消費需要喚起による小売商業の活性化

    IV 組織力の強化

    地域の経済動向等に関する調査研究並びに施策等の情報収集に努め、企画提案力を高めることで、当所のプレゼンス・認知度の向上、ひいては新入会員の加入促進、退会防止に繋げていく。

    1. 会員ニーズに対応した魅力ある事業展開と会員の商工会議所事業への参加促進
    2. 委員会機能の強化等による企画提案力の向上や組織の活性化
    3. 情報発信機能の強化
    4. デジタル化推進

      事業報告・収支決算(令和元年度)

      令和2年6月25日開催の第1回通常議員総会において、「令和元年度事業報告並びに収支決算」が決議されました。なお、令和元年度事業報告並びに収支決算については、第1回会館管理委員会(6月8日開催)及び第1回総務・財政委員会(6月9日開催)で協議のうえ取り纏め、6月25日開催の6月常議員会での協議を経て上程されました。

      「令和元年度事業報告並びに収支決算」の概要は以下のとおり。

      令和元年度 事業報告
      令和元年度は5月1日の改元により「令和」の新しい時代が幕を開け、7月には「百舌鳥・古市古墳群」が念願の世界文化遺産に登録されました。
      また、当所では、明治12年の創立以来140年を迎え、10月に日本商工会議所三村会頭、永藤堺市長をはじめとする来賓の方々のご臨席を賜り、創立140周年記念式典を挙行したほか、各種記念事業を実施いたしました。

      さらに、11月には葛󠄀村会頭のもと「新たな時代に対応できる商工会議所」を基本方針に新体制が発足する等、来るべき150周年に向けたスタートとなる大きな節目の1年となりました。
      一方、我が国の経済情勢に目を転じますと、消費増税、米中貿易摩擦及びブレグジット等の影響により、先行き不透明感が強まっていたところ、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大を受け、大幅に下押しされ、急速に悪化しました。
      加えて、地域経済の根幹を支える中小企業にとりましては、人材不足や経営者の高齢化等の構造的課題に直面する他、第4次産業革命や働き方改革の環境変化への対応等、より厳しい状況となりました。
      このような中、当所におきましては、商工会議所の使命である中小企業の産業競争力の強化と地域振興を図るため、「地域振興の政策提言及び要望活動の展開」、「中小・小規模企業の成長支援と経営基盤の強化」、「中小企業の人材確保と人材育成支援」「地域資源を活用した都市魅力の創出」及び「組織力強化と魅力ある商工会議所づくり」を掲げ、各種事業を展開しました。
      まず、「地域振興の政策提言及び要望活動の展開」においては、産業界の要望をくみ取り、地域経済発展のため、国、大阪府等に対し、積極的な政策提言を実施しました。
      次に「中小・小規模企業の成長支援と経営基盤の強化」に関しては、地域中小企業・小規模事業者の活性化を図るべく、「経営発達支援計画」に基づき、伴走型支援を強化するとともに、IT活用支援としてセミナーを開催し約600名の方にご参加いただいたほか、事業承継や消費税軽減税率対策窓口相談事業等を重点的に実施し、消費増税・軽減税率関連では2,800件以上の事業者を巡回し、支援いたしました。
      さらに、「中小企業の人材確保と人材育成支援」については、約7割の中小企業が人手不足とされる中、約60社、200名近くの方にご参加いただきました合同就職説明会、学生と企業との交流会の開催に加え、新たに企業が学生に直接接触できるダイレクトリクルーティング事業を実施する等、雇用機会の創出に努めました。
      そして、「地域資源を活用した都市魅力の創出」におきましては、「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産登録を契機に、近隣商工会議所等と連携し、自転車を活用した観光振興やバスツアーの企画等を通じて、広域的な観光関連産業の振興に取組み、都市の魅力・賑わいの向上を図りました。
      最後に「組織力強化と魅力ある商工会議所づくり」では、創立140周年記念事業や会員ニーズに即した各種事業の実施等、魅力ある商工会議所づくりに努め、商工会議所の基盤である会員組織の増強に向けた取組みを行いました。
      なお、具体的な実施事項は以下のとおりであります。

      政策提言及び要望活動

      1. 令和2年度中小企業施策に関する要望
      2. 令和2年度税制改正に関する要望
      3. 紀淡海峡ルートの実現に向けて
      4. 大阪府小規模事業経営支援事業費補助金に関する要望
      5. 大阪府中小企業再生緊急アピール
      6. リニア中央新幹線の早期実現に関する要望
      7. 北陸新幹線早期全線開業実現に向けて
      8. 連続立体交差事業の計画的かつ着実な推進について

      調査研究活動

      1. 地域産業経営動向調査
      2. 中小企業景況調査
      3. CCI-LOBO調査
      4. 会員ニーズ調査
      5. 新型コロナウイルス肺炎の流行による事業活動への影響に関する緊急調査

      中小企業のチャレンジ・成長支援

      1. 中小企業支援事業
        • 中小・小規模事業者への各種支援事業~伴走型支援の強化~
        • IT活用促進
        • 地域中小企業の海外展開支援
        • クールシティ堺実現に向けた取り組み
      2. 中小企業の販路開拓支援
        • 展示会・商談会の開催
        • 販路開拓に向けた自社プロモーション力向上支援
      3. 新事業・創業への支援
        • 創業支援事業
        • おおさか地域産業資源活用サポート事業
        • 新規成長産業分野への取り組み

      人材確保・育成の強化

      1. 合同企業就職説明会(就職フォーラムin堺)
      2. 企業・学生交流会
      3. 求人ネットワーク事業
      4. 女性求職者等の採用・戦力化事業
      5. ダイレクトリクルーティング事業
      6. 各種講演会・講習会の開催
        • 従業員の資質向上を目指す階層別等人材育成セミナー
        • 労務支援セミナー
        • パソコン教室
      7. 各種技能検定試験の施行

      サービス・観光関連産業の振興

      1. 堺の魅力発信
      2. 市内イベントへの開催協力

      交流と連携

      1. 会員交流事業
        • 会員交流見学会
        • 堺新年互礼会の開催
      2. 産学連携事業
      3. 関係機関との連携強化
      4. 経営研究会の運営支援

      地域資源の魅力発信の強化

      1. 堺ブランド「堺技衆」事業
      2. 創立140周年記念メイドインさかいフェア2019~家族でおでかけ!とことん楽しむ堺もん!~
      3. インバウンドはじめ誘客推進事業
      4. 地場・伝統産業の振興
      5. 地域商業の振興

      創立140周年記念式典事業の実施

      1. 創立140周年記念式典
      2. 創立140周年各種記念行事
      3. 創立140周年記念出版

      組織強化と財政基盤の確立

      1. 会員サービスの充実と新入会員加入促進

      令和元年度 収支決算

      所在地

      連絡先

      名称 堺商工会議所(事務局2階)
      住所 堺市北区長曽根町130番地23
      電話番号 代表・総務課 072-258-5581
      広報・サービス課 072-258-5502
      経営支援課 072-258-5503
      地域振興課 072-258-5504
      FAX番号 072-258-5580
      交通 【地下鉄御堂筋線の場合】
      地下鉄御堂筋線「なかもず」駅・2番出口から徒歩5分
      【南海高野線の場合】
      南海高野線「中百舌鳥」駅・北出口から徒歩5分

      地図

      GoogleMap

      組織図


      詳細についてはこちらをご覧ください。

      PAGE
      TOP